2011年01月01日

クラギを録るテスト:1〜7のまとめ

 2010年8月28日から12月7日までの約3ヶ月間でクラシック・ギターを7パターン録ってみましたので、ここまでの成果・所感を軽くまとめておきます。

使用したマイクは3種類(SOUNDKING SKEC011SENNHEISER MD441URCA BK-5B)。
プリ・アンプも3種類(MindPrint AN/DI ProPreSonus BLUE TUBEMACKIE 1202)。
ですので、マイクとプリ・アンプの組合せ方は3×3の9通りあるという事になります。

ただし現状では、PreSonusにSENNHEISERとRCAを組み合わせるとノイズ多すぎで使えないという問題があるので、9-2=7通り。

これにマイク位置の違いを、大雑把にオン/オフの2通りに設定すると7×2=14通り。
さらに、マイク本体側に音色切替スイッチのあるもの(SENNHEISERとSOUNDKING)の設定の使い分けや、MACKIEのEQの有無。また、PreSonusのGAIN/DRIVE設定比の違い等々を組み合わせると、全部で何通りになるか……ちょっと計算が面倒なのでそれは省きますけど、とにかく機材が6台だけでも、使い方のバリエーションは何十通りもあり得るわけで、今までに録った7パターンというのはその中のごく一部にすぎません。

とはいえ現状の7パターンでもおおよその傾向は現れてるのではないでしょうか。今のところ一番良いと思われるのは、やはりというべきか、
RCA BK-5BとMindPrintの組合せ

 この録音、マイク位置が楽器から140cmという事になってるんですけど、音を聴く限り、そんなに離してるようには感じられません。ですのでメモを誤記ったか?という疑惑もあるっていう;
 しかし140cmかどうかはともかく、オフ位置である事は間違いないはず。なぜならBK-5Bでクラギを録る場合、60cm以上離さないと、ある特定の音域でマイク側にバズが発生するという不具合があるので。近づける限界が60cmで、実際には余裕を持って80cm。もう少し安全にいくなら100cm。それくらい離して録ったのは間違いない。

 この「BK-5Bにバズが出る問題」は数年前から現れ始めた症状で、気のせいかなと思ってた(気のせいであって欲しいと思ってた)。しかし今回はっきりと、距離何センチ以内でどの音域を弾いたらどうバズるかというのをチェック出来て、気のせいではないという事を確認。リボン・マイク=大音圧に弱いものではありますけど、クラギに60cm以上近づけないのはいくらなんでも弱っちすぎますんで、きっと何かの不具合が生じてるのでしょう。修理して直るのなら良いですけど、それが不可なら別のリボン・マイクを入手するなりしないといけない。鬱だ。

 とはいえ、クラギに対してのオフ位置で↑の音が録れるなら、これはこれで充分満足できるものではあります。クラギ→BK-5B→MindPrintというのは今後も多用することが予想される組合せなので、マイク位置に関しては再検証したいと思います。


私個人的に「激安系コンデンサ・マイクはクラギには不向きだしMACKIEはロック向きの音」という先入観があったんですけど、
SOUNDKINGとMACKIEの組合せ・近接
は予想外に良かったので驚いております。

 この音は演奏技術が高くてバリバリ弾き倒すタイプの人に似合うんじゃないかなあ。それとクラシック・ギターではなくマリアッチ系のナイロン弦やレキントにも良さそうだ(という事は、日本のムード歌謡系ナイロンにも似合うのか?)。実際よりもテンションの高い弦を張ったような音に録れてる(ような気がする)。行儀良く音を並べるのではなく、弦をバチンバチンとはじく感じの演出と、ボディ側のアタック音を適度にブレンドする事が、中米系ナイロンの雰囲気作りには欠かせない(って事にしておきましょうかとりあえず)。

 MACKIEは音太いという定評がありますけど、f特的に中低域が厚い云々ではなく、アタックが少し丸まってる(情報量が少ない)のと、サスティン部分に少しコンプレッションが掛かってるように思える。それが音太いという印象を生むのでは?安いラージ・ダイアフラム・コンデンサ・マイクは無駄に過敏・無駄にハイ上がりなものですが、MACKIEと組合わさる事でちょうど良いバランスになってるのかも。


ポピュラー音楽一般で言うところの「いわゆるナイロン弦の音」に一番近いのは、
SENNHEISER MD441UとMindPrintの組合せ
でしょうか。

 加納木魂#30は総単板なのでクラシック・ギターとしては申し分のない音ですけれど、コード・ストロークやボサノバのバッキングを弾くと音が厚すぎ→暑苦しくてダメ。涼しげな風がそよそよ吹いてくる感じの音は出てくれないんですね。やはりコード弾きは合板ギターが適してるのであろうか?しかし加納木魂もMD441Uで録ればこういう音になって、ボサノバ等へも適用範囲が広がってくれるのではないかという期待がございます。

 ただMD441Uは、やはり音楽用のマイクではないのかなという気もいたします。はたしてこの音は、バッキング・パートとしてオケの中に上手く馴染んでくれるのであろうか?それを検証するのは今後の課題という事で。


 ここまでの録音は全てF.ソルの練習曲ロ単調/Op.35-22を弾いたわけですけど、これだけテイクを重ねてもなお、一度たりともまともに弾けなかったというのがむしろ逆に凄いわというくらいのアレがございますわね。演奏設計もその都度ばらばら。
 もちろん切り貼り編集を厳密に行って「完成品」を仕立て上げる事は可能ですけど、今はまだマイクの立て方を試みてる段階で、編集作業に時間を掛けるのは無駄。いずれ、マイクの立て方をきちっと決められたらその後に、演奏面でも不満のないものを作り上げてみたいものだと思っております。

 ずっと同じ曲ばかりだと弾くのも聴くのも飽きてきますから、次回の録音からは曲を替えます。

 マイクの立て方によっては(とくにオフ位置の場合)環境ノイズを拾いすぎで、レコーダーとして使用してるパソコンのHDの書き込み音(カリカリ)が入ってるものまであります。この問題は機材の配置を変える/遮音壁を立てる等の工夫で改善出来るのですが、そういう事に労力を掛けるのも後回し。
 DAWでリバーブを加えたバージョンは、設定も送り量も全パターン共通です。本来は元ソースそれぞれに対して最適な設定を決めてやらないといけないなんてのは当たり前の事ですけど、これも労力低減のため簡略化してます。そういった諸々は全て「テスト段階ならではの杜撰さ」であるとご理解下さい。

タグ:F.ソル 月光
posted by ushigomepan at 15:30| Comment(1) | TrackBack(0) | マイク・テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

クラギを録るテストその7:ソルの月光
SOUNDKING/MACKIE 1202/近接

激安コンデンサ・マイクとMACKIE 1202を組み合わせてクラシック・ギターを録るテスト。

■マイクは
SOUNDKING SKEC011

■プリ・アンプは
MACKIE 1202

■ギターは
加納木魂#30

■曲はF.ソルの練習曲ロ単調/Op.35-22


DAW上でリバーブを足したものも作ってみました。TC|Native Reverb Masterのプリセット・Small Hall Brightを使用。


マイク・プリの設定;
・Chanel 1を使用。MIC GAIN=記録忘れで不明
・EQはフラット

ADコンバータはMOTU 828。Input 3-4をゲイン=フルで使用。

DAWでEQはしてません。

マイクの立て方は下図の通り。

08b.jpg

(2010年12月07日録音)

posted by ushigomepan at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | マイク・テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クラギを録るテストその6:ソルの月光
RCA BK-5B/MACKIE 1202/近接

リボン・マイクとMACKIE 1202を組み合わせてクラシック・ギターを録るテスト。オン位置。

■マイクは
RCA BK-5B

■プリ・アンプは
MACKIE 1202

■ギターは
加納木魂#30

■曲はF.ソルの練習曲ロ単調/Op.35-22


DAW上でリバーブを足したものも作ってみました。TC|Native Reverb Masterのプリセット・Small Hall Brightを使用。


マイク・プリの設定;
・Chanel 1を使用。MIC GAIN=3時
・EQはフラット

・後半のリピート部分(1:51〜)は、EQをHi/Loともに2時半(2目盛)UPしてあります。

ADコンバータはMOTU 828。Input 3-4をゲイン=フルで使用。

DAWでEQはしてません。

マイクの立て方は下図の通り。

07.jpg

(2010年12月07日録音)

posted by ushigomepan at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | マイク・テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クラギを録るテストその5:ソルの月光
RCA BK-5B/MACKIE 1202/オフ位置

リボン・マイクとMACKIE 1202を組み合わせてクラシック・ギターを録るテスト。オフ位置。

■マイクは
RCA BK-5B

■プリ・アンプは
MACKIE 1202

■ギターは
加納木魂#30

■曲はF.ソルの練習曲ロ単調/Op.35-22


DAW上でリバーブを足したものも作ってみました。TC|Native Reverb Masterのプリセット・Small Hall Brightを使用。


マイク・プリの設定;
・Chanel 1を使用。MIC GAIN=3時半
・EQはフラット

ADコンバータはMOTU 828。Input 3-4をゲイン=フルで使用。

DAWでEQはしてません。

マイクの立て方は下図の通り。プリアンプ=MindPrintで録った時と同じ位置です。

04.jpg

(2010年12月07日録音)

posted by ushigomepan at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | マイク・テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クラギを録るテストその4:ソルの月光
SENNHEISER MD441U/MindPrint/ややオン

クラシック・ギターをSENNHEISER MD441Uで録るテスト。

■マイクは
SENNHEISER MD441U

■プリ・アンプは
MindPrint AN/DI Pro

■ギターは
加納木魂#30

■曲はF.ソルの練習曲ロ単調/Op.35-22


DAW上でリバーブを足したものも作ってみました。TC|Native Reverb Masterのプリセット・Small Hall Brightを使用。


マイクの設定;
・ハイ上げスイッチはオフ
・ローカットは1段

マイク・プリの設定;
MindPrint AN/DI ProはMIC GAIN=8(Full)

DAWでEQはしてません。

マイクの立て方は下図の通り。

05.jpg

(2010年12月04日録音)

posted by ushigomepan at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | マイク・テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

クラギを録るテストその3:ソルの月光
RCA BK-5B/MindPrint/オフ位置

クラシック・ギターをリボン・マイクで録るテスト。オフ位置。

■マイクは
RCA BK-5B

■プリ・アンプは
MindPrint AN/DI Pro

■ギターは
加納木魂#30

■曲はF.ソルの練習曲ロ単調/Op.35-22


DAW上でリバーブを足したものも作ってみました。TC|Native Reverb Masterのプリセット・Small Hall Brightを使用。


マイク・プリの設定;
MindPrint AN/DI ProはMIC GAIN=7.3

マイクの立て方は下図の通り。

04.jpg

 DAWでEQはしてません。

(2010年12月04日録音)

posted by ushigomepan at 02:50| Comment(2) | TrackBack(0) | マイク・テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クラギを録るテストその2:ソルの月光
SOUND KING/MindPrint/PreSonus/オフ位置

クラシック・ギターを激安コンデンサ・マイクで録るテスト。今回はオフ位置で。

■マイクは
SOUNDKING SKEC011

■プリ・アンプは
MindPrint AN/DI Pro

■後半のリピート部分(2:05頃〜)は、マイク・プリをPreSonus BLUE TUBEに替えてます。

■ギターは
加納木魂#30

■曲はF.ソルの練習曲ロ単調/Op.35-22


DAW上でリバーブを足したものも作ってみました。TC|Native Reverb Masterのプリセット・Small Hall Brightを使用。


マイク・プリの設定;
MindPrint AN/DI ProはMIC GAIN=7.2
PreSonus BLUE TUBEはDrive=12時/Gain=9時

マイクの立て方は下図の通り。

03.jpg

 DAWでEQはしてません。

(2010年12月04日録音)

posted by ushigomepan at 02:44| Comment(0) | TrackBack(0) | マイク・テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

BEHRINGER ECM8000でステレオ録音

26c.gif

 激安ブランド・ベリンガーの測定用マイク、ECM8000。指向性は球形でf特はほぼ完全にフラット。本来は楽曲用の録音に使うものではないんですが、録音用に使っても「けっこう面白い」という噂があり、なにしろ安いという事もあり、一時所有していたものです。所有したはいいけど使用する機会はほとんど無く、2009年の秋頃に売却。以下の音ファイルは手放すに際しての「お別れ記念録音」です。私はこれを2本所有していたので、ギターの音をステレオ録音してみました。

  続きを読む
posted by ushigomepan at 02:23| Comment(0) | TrackBack(0) | マイク・テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

クラギを録るテストその1:ソルの月光
SOUND KING/ART TUBE MP/PreSonus/近接

ラージ・ダイアフラム・コンデンサー・マイクに真空管入りプリ・アンプを組み合わせてクラシック・ギターを録音してみるテスト。

■マイクはSOUNDKING SKEC011

■マイク・プリはART TUBE MP。
01b.jpg
 このシリーズは新型が何種類か出てるみたいですけど、たぶん一番の初期型であるこの製品も、一応販売は継続されてるみたいですね。真空管入りのマイク・プリってどんなものかを興味本位で、とりあえずちょっと使ってみたいというような向きに受けの良い機材ではないかと思います。なんせ安い。
 これはマイ機材ではなく、SOUND KINGを買った時のオマケとして入手したものです。だからすぐに転売、その前に一応試し録りしておこうと思い、今回の音ファイルを作成しました。

■ギターは加納木魂#30

 弦はダダリオ(だったかラベラだったか)のチップ・エンド付きブラック・ナイロン。もう3年くらい張りっぱなしの腐弦。個人的に、クラギの弦は腐ってなんぼのものだと思ってますので、滅多に張り替えないです。

■曲はF.ソルの練習曲ロ単調/Op.35-22

■後半のリピート部分(1:30頃〜)は、マイク・プリをPreSonus BLUE TUBEに替えてます。


DAW上でリバーブを足したものも作ってみました。TC|Native Reverb Masterのプリセット・Small Hall Brightを使用。


マイク・プリの設定;
ART MP TUBEはInput=9時/Output=3時
PreSonus BLUE TUBEはDrive=12時/Gain=9時

マイクの立て方は下図の通り。
01d.jpg

・サウンドホールより高い位置にマイクを置き、サウンドホールの下側を狙う。
だからマイクはかなりお辞儀してます。

・ボディとネックの付け根付近にマイクを置き、サウンドホールから少しブリッジに寄った所を狙う。
だからマイクは下手側に首振ってます。

サウンドホールを狙わず、楽器の表板とマイクのダイアフラムを正対させてません。
 ・サウンドホールを狙うとブーミーになり、
 ・表板と正対させるとアタックがノイジー
だったんですね。マイクの特性でそうなるのか、それとも距離35cmが近すぎなのか?それは今のところよく分かりませんが、とりあえず今回はこういう立て方。
 私はギター・アンプをダイナミック・マイクで録る時も、スピーカーとマイクを正対させません。「好み」の問題か?

 DAWでEQはしてません。


 ART TUBE MPは、こういうアコースティックものには不向きなマイク・プリだというのは最初から分かっていて、今回の録音はPreSonus BLUE TUBEとの比較の方に重点があります。中低域(ギターでいうと3弦開放より下の音域)の情報量に差があって、ART TUBE MPは、良く言えば太い音・悪く言えば団子っぽいように思えます。PreSonus BLUE TUBEは(ARTよりかは)原音に忠実。
 録音したものを比較試聴する限りでは、その差はほとんど感じられないかも知れませんが、録音中はPreSonus BLUE TUBEの方が作業しやすいと感じました。中低域が原音に忠実な方がモニターが楽なのかな?低域が太いARTだと、実際よりもハイテンションの弦を張った、コントロールしづらい楽器を弾いてるような気分になってしまうのかも知れません。

 ARTの、中低域の情報量が多くないというのは、良く言えば「無駄な情報が最初から間引かれてる」という事でもある(場合もある)。だからロックのためのギターを録るなら(とくに巻弦で刻むビートがグルーヴの核になってるような形態のバンドなら)、けっこう良いのではないでしょうか。

★日本人は高域がシャラーンと鳴る音質を好む傾向があるのかも知れない。
★だから中低域重視で地味な音の機材に対してはあまり好評価を与えない傾向があるのかも知れない。

 Rodeその他の安物コンデンサ・マイクの大半は、高域をシャラシャラにチューニングして「なんちゃって良い音」を演出してるだけ、みたいな説もありますね。


それにしても、
クラシック・ギターってむずかしいよね★

 ずっとアルペジオを弾いてるだけの曲。なのに、こんな無様な演奏はないよね。DAW上での切り貼り編集を散々施してこの程度だからいやになっちゃいます。
 後半、プリ・アンプを替えてからはちょっと弾きやすくなった(ような気がしたせいか)、いきなりテンポが上がったのもお笑い草だ。
 マイク・テスト用の音源だから演奏内容はアレでも我慢して晒しちゃいますけど、ほんと言うと、こんな下手な奴の弾いたギターではマイク・テストの用を為してないと言える。

(2010年08月28日録音)


(後日追記)
 後日改めて、この録音を(このブログにUPしたmp3のものを)聴き直してみたのですが、ART TUBE MPとPreSonusとでは、明らかに音が違いますね。mp3も案外、こういう違いをちゃんと反映させるんだという驚きがございます。

posted by ushigomepan at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | マイク・テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

マイク・テスト/はじめに

 私が宅録に、わりと熱心に取り組み始めたのはRoland VS-880を購入して以降。それがたしか1998年頃でしたから、2010年現在で宅録歴は一応10数年あるって事になるんですけど、マイクの「立て方」に関しては無頓着なまま、今まできてしまいました。

 しかしマイクというものは機種ごとに特性が様々で、それを理解して使わないと思わぬ失敗をします……というのを最近になって思い知ったり、三味線という、洋楽器用に開発された機材では捉えにくい楽器を録音する機会が増えた等々の事があり、ここは一度、マイクの立て方というものを自己学習し直さねばイカンと思うに至りました。その自己学習、録音の練習用として作成した小ファイルを、当カテゴリに陳列します。

・録音作業を行う場所は防音などされてない普通の住宅で、演奏中の音量は近所迷惑にならない程度。
・とくべつ高価な機材は持ってません。
・録音する対象は自分が演奏可能なものに限られます(主にギター/三味線/ボーカル)。

 録音環境・条件は以上のようなものです。ごく普通の素人録音ですね。


レコーダーはパソコン上のDAWソフトですが、非常に古臭いものを使用してます。

パソコン
(主に)iBook M6497(2001年頃の製品)
OS
Mac OS9.2.2
DAWソフト
CUBASE VST 5.0(録りとミックス用)
Spark 2.0(マスタリングとmp3書き出し用)
Audio I/F
MOTU 828

一体いつの時代のソフトだよ★って感じですけど、当方はことMacに関しては、時代の流れから完全に取り残されております。とはいえ宅録にはこれで充分。ただし、CUBASEのミキサーのEQとサミング・アンプに対しては大きな不満があります。どちらも使えない代物というのが個人的感想。

 サミング・アンプに関しては、トラック数が少なければそれほど問題にならないので、手放すエレキの「お別れ記念録音」程度のものを作る分には大丈夫(ていうか、普通のバンド等のミックスには使えないからアレなんですけど)。マイク・テストも単体ソースが中心になるはずですから、当カテゴリでの使用に限って言えばとりあえず無問題であると言える。

 問題なのはEQ。CUBASEのEQは「ブーストして美味しい部分を強調する」という使い方が不可で、
・不要な帯域をカットする
・緩いQで少しだけブーストしてバランスを整える
という用途にくらいにしか使えないものだと思っております。デジタルのEQってどれもこうなのか?それとも新型のDAWはこの点が改善されてるのだろうか?ともかく私のDAWはこういうものなので、「録りに失敗したソースをEQで救済」したりするのは不可。ですから心掛けるべきはノンEQでもOKな録りであり、そのために大切なのはマイクの立て方、という事になるわけです。

 レイトビットは常に44.1kHz/16bitで作業してます。この点に関しては、出来れば96/24等を用いたいと思ってます。どうせWeb配信用にはmp3にするんですけど、これは録音作業中の快/不快に関わる問題ですので。そのうち新型のパソコン/新型のDAWソフトに買い換える機会があれば改善させたいんですが、それは当分先の事になりそうです。

 mp3に書き替える時点で失われるものも多いとは思いますが、楽曲流通の主要なチャンネルがネット配信に移行しつつある現在では、データ圧縮によって失われるような細かな違いにこだわるのは無意味である、とも言えますし、どのみち高精度・高音質の録音などは不可能な環境で作業してるものです。私が子供の頃、自動車にクーラーは付いてない事の方が多かったし、カーステレオはAMラジオがあるきりだった。そのラジオから流れてくる曲を聞きかじる事から私の音楽体験はスタートし、ノイズまみれの低音質でも「伝わるものは伝わる、それが音楽」という信条を根深く植え付けられ現在に至る。それ故なのか、ハイファイ・オーディオへの関心は薄い傾向がある当サイト管理人です。

posted by ushigomepan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マイク・テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする