2014年11月09日

YAMAHA LL-6J 2014年9月

my07a.jpg

 私のYAMAHA LL-6Jには以前にも一時期コンパウンド弦を張ってた事があって(2012年10月の録音)、その後ブロンズ弦に戻し(同じく2012年10月の録音)、そして今回再びコンパウンド弦を張りました。今後はコンパウンド弦を張り続ける事になると思います。
 張り替えた直後に録った作例はこれ(2014年8月)ですが、ギター単体での音の参照用としては不適。その約1ヶ月後、音色も落ち着いてきた頃合いに3曲まとめて録音したのが今回の作例です。収音マイクの用い方も3通り、それぞれ違えてあります。

---------------------



続きを読む
posted by ushigomepan at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | MY楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月20日

ART VLAとKORG ER-1の組合せ

my06a.jpg

 2014年6月に購入したART VLA。ボーカル録音専用機にするつもりで入手したコンプですけど、まず手始めにKORG ER-1に対して用いてみました。コンプの性能はドラムのような音域と強弱の幅が広いソースを通した方が分かりやすいので。その他、

1.BOSS GT-10ペダル・ワウを使ってみる。
2.Squier MMB-35のスポンジ・ミュートを外してみる。
3.YAMAHA SG-1000のまとめに書いた「アタックにアクセントが付いて云々」、それ実はSG-1000の特性ではなくYAMAHA PSE-40A(の、とくにコンプを)掛けてたせいだったかも知れない。それを確かめるため、別のエレキを同一条件で録音してみる。

等々、課題盛り沢山な今回の作例です。

---------------------

続きを読む
posted by ushigomepan at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | MY楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月18日

Martinのコンパウンド弦/M130をYAMAHA LL-6Jに張った音

my05a.jpg

 以前、ヤマハの古いアコギにコンパウンド弦を張った音を録りましたけど(2010年、YAMAHA FG-130)、その頃、私の所有機LL-6Jにも同じ弦を張ってました。その時の音の記録です。伴奏のコード刻みをしてるだけですが。

---------------------

続きを読む
posted by ushigomepan at 04:28| Comment(0) | TrackBack(0) | MY楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月10日

YAMAHA AE-2000 2013年11月

87.jpg

 もう何年間も改造途中のまま放置してるYAMAHA AE-2000(改)ですが、そろそろちゃんと仕立て直したい。その前に現状の音を記録しておくため録ってみたのが今回の作例です。AE-2000はGuyatone HG-86Bの録音で脇役として一度使ったけど、あれはこのギター本来の音とはかなり違う。今回は収音方法も、いつものAUDIX D1ではなくコンデンサ・マイク2本を併用する豪華仕様。
 また、KORG WAVEDRUMを卓直ではなくスピーカーで鳴らしてマイクで拾う録り方も試してます。

---------------------

続きを読む
posted by ushigomepan at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | MY楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月24日

MindPrint AN/DIとFocusrite Twin Trak

86z.jpg

私が常用するマイク・プリ・アンプはMindPrintとARTとFocusrite。
 しかしFocusrite Twin Trakは2011年8月に入手して以来、三味線と唄を録るための専用機として自宅とは別の場所に置きっぱで、自宅でギターその他を録音する際にはMindPrint AN/DIのみを用いてきました。

ART DUAL MPは専らベース用DIとして使用。時々AKAI CD3000XL のキックやKORG WAVEDRUMのスネアとかも通しますけど、マイク・プリとしては全くと言っていいほど用いてません。)

 だったのですけど今年2013年の夏頃、Focusrite Twin Trakを自宅に持ち帰り、(エレキ以外の)生楽器の録音に少しずつ用い始めてます。Twin Trakを三味線にしか使わないのはモッタイないし、とくに内蔵EQやコンプは洋楽器に対して用いてこそ便利で美味しい機能なのでありましょうし。しかし、音の良し悪し的な事に関しては、AN/DIとTwin Trakは両方とも
「素人でも買いやすい範囲内での、そこそこの高級品」
だから、どちらも似たようなものです……と考えてたのだけど、やっぱり多少は違うみたい。問題はその「違い」が、私の貧相な宅録環境での録音結果に、あるいはそこから書き出したmp3ファイルに「有意義な違い」として現れるのか(あるいは現れないのか)であり、それは一応検証しておくべきであろう。一番の関心事は今後、MindPrintを三味線用に、Focusriteを自宅でのエレキ録音用にと役割を入れ替えてしまって問題ないかどうかである。そのため今回、比較用の音ファイルを作ってみました。

---------------------

続きを読む
posted by ushigomepan at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | MY楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月29日

バッハのDAS WOHLTEMPERIERTE KLAVIER 1 No.5を2種類の音律で

 1990年代の頃に私が作ったクラシック曲のMIDIデータ、今までに数曲をUPしましたが、
DAS WOHLTEMPERIERTE KLAVIER 1 No.8/No.23
Beethoven/Piano Sonata No.8 Op.13 "Pathetique"
Beethoven/String Qurtet No.6 Op.18/6
古いHDを整理してたら更にもう一曲、J.S.Bach DAS WOHLTEMPERIERTE KLAVIER 1 No.5を”発掘”できたので追加UPします。それで、似たようなものをただ増やすのもつまらないので今回は、一つのデータを二通りの音律で鳴らしてみました。

続きを読む
posted by ushigomepan at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | MY楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月21日

YAMAHA LL-6JにD'Addario EJ13を張ってみたので取りあえず録音

79.jpg

 YAMAHA LL-6Jにマーチンのコンパウンド弦(M130)を2年以上も張りっぱにしてたんですけど、久しぶりにブロンズ弦に戻したので録音してみました。ゲージは011〜052で、フォーク・ギター用としてはけっこう細い方です。

---------------------

続きを読む
posted by ushigomepan at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | MY楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

YAMAHA STH-500R(改)

66.jpg

 このエレキは売却対象品ではなく、改造途中のMY楽器。オリジナルのPUとトレモロ・ユニットを取り外し、ライ・クーダー氏も使用してる事で有名な米国製安物通販ラップ・スチールのPUを載せてあります。
 ヤマハのSTHシリーズというのは1984年に発売開始されたストラトのフェイクみたいなもので、詳細はヤマハ公式サイト内の旧製品データベースを参照して下さい。

 私的には、STHシリーズ自体には全く興味無しなんだけど、トレモロ・ユニットが欠品していたSC-7000のためのパーツ取り要員として入手。なおかつ、ブリッジ周りのザグリ形状がその米製安ラップPUを載せるための改造要員としても好都合だったので、現状こういう事になっております。

■リード/バッキングとも、ギター・アンプはYAMAHA YTA-25/マイクはAUDIX D1

■リードはスライドで、バッキングは指押さえ(っていうか

■2011年7月22日録音 続きを読む

タグ:YAMAHA STH-500R
posted by ushigomepan at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | MY楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

MY楽器のサンプル録音/はじめに

このカテゴリは「手放す機材」に対して、「手放さない」機材の音ファイルをUPするための場所です。

といっても「手放す」の方でも、マイ・ギターは頻繁に使用してます。組み合わせるエフェクター等に一つでも手放したものが含まれていたら、それは「手放す」コーナーに分類するという風に、カテゴリを使い分けてます。

なお、私の所有機材の一覧はこちらのページにまとめてあります

posted by ushigomepan at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | MY楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする