2016年08月02日

ヤマハのTXシリーズでバッハ

j011.jpg

前記事、MとヤマハのTXシリーズと同じく、1999年頃にYAMAHA TX802とTX81Zを用いて作った音ファイルをUPしておきます。今回のはJ.S.バッハ、「フーガの技法」の中の一曲。

「フーガの技法」については↓のリンクを参照して下さい。
Bach Art of Fugue -google検索

 15年以上前の録音なので、今の自分だったら絶対にこうはしないだろうという個所が多々含まれてるのですが、前記事の仲間という事で、これもついでに晒しておきます。いろいろダメ過ぎて、聴いてるとイライラしてくる。なだけに、いつかちゃんとしたのを録り直したいという気持ちも湧いてくる(という効果があるといえなくもない感じ的)。録り直したのの出来が良ければ、これは消しちゃいますし。

 前記事のはTX802とTX81Z、それとKORG Prophecyを一個所だけ用いたと記憶してたのですが、聴き返してるうち、TG77のエレピの音も使ってたかもという気がしてきました。1曲目のとか。
 今回のは、TXシリーズ2台のみだと思います。だけどやっぱりProphecyも混ざってるかも。記録が何も残ってないのでよく分かりません。まあ分からなくたって困らないですけど。

posted by ushigomepan at 03:40| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440653912

この記事へのトラックバック