2010年12月18日

クラギを録るテストその3:ソルの月光
RCA BK-5B/MindPrint/オフ位置

クラシック・ギターをリボン・マイクで録るテスト。オフ位置。

■マイクは
RCA BK-5B

■プリ・アンプは
MindPrint AN/DI Pro

■ギターは
加納木魂#30

■曲はF.ソルの練習曲ロ単調/Op.35-22


DAW上でリバーブを足したものも作ってみました。TC|Native Reverb Masterのプリセット・Small Hall Brightを使用。


マイク・プリの設定;
MindPrint AN/DI ProはMIC GAIN=7.3

マイクの立て方は下図の通り。

04.jpg

 DAWでEQはしてません。

(2010年12月04日録音)

posted by ushigomepan at 02:50| Comment(2) | TrackBack(0) | マイク・テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素晴らしい音ですね。
クラシックギターをリボンマイクでオフで録って、ほぼノイズなしというのも驚きです。
何か、録音のコツなどはありまでしょうか。
Posted by Jeeco at 2011年11月03日 22:46
Jeecoさん、こんにちは。

リボンマイクはそれ自体の中に増幅回路等のノイズ源を持たないから、リボンマイクを使用したときのノイズはほぼ全て、マイク後段のプリアンプのものである。

と考えて間違いないと思っております。それで、私の使用してるプリアンプ、MindPrint AN/DIはローノイズな方の製品で、この録音ではGAINをフルUP近くまで上げてます(目盛0〜8の7.3)。8まで上げると流石にノイズが酷くなるのですが、目立たないギリギリ上限が(見た目のだいたいの感じで)7.3。

プリアンプでそこまで上げてもレコーダーへの出力は小さいので、あとはDAW上でプラグイン(マグネットとかMAX IT)を入れてゲインを稼いでます。
Posted by 牛込パン at 2011年11月04日 12:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/173838766

この記事へのトラックバック