2010年07月09日

長唄のカラオケ「越後獅子」(調子=五本)

打つや太鼓の 音も澄み渡り
角兵衛かくべと 招かれて
居ながら見する 石橋の

浮世を渡る 風雅者
唄うも舞うも 囃すのも

一人旅寝の 草枕
おらが女房を 誉めるじゃないが

飯も炊いたり 水仕事
朝夜たびの 楽しみを
一人笑みして 来たりける


越路がた
お国名物は 様々あれど
田舎訛りの 片言まじり
しらうさになる 言の葉を

(合方)

雁の便りに届けてほしや
小千谷縮のどこやらが
見え透く国の 慣いにや

(合方)

縁を結べば 兄やさん
兄じゃないもの 夫じゃもの

来るか来るかと 浜に出て見ればの
ほいの
浜の松風 音やまさるさ
やっとかけの ほいまっかとな

好いた水仙 好かれた柳の
ほいの
心石竹 気はや紅葉さ
やっとかけの ほいまっかとな

しんく甚句も おけさ節

なんたら愚痴だえ
牡丹は持たねど 越後の獅子は

己が姿を花と見て 庭に咲いたり咲かせたり
そこのおけさに異なこと言われ
ねまりねまらず待ち明かす
ござれ話しましょうぞ こん小松の蔭で
松の葉の様に こん細やかに

(返し)

弾いて唄うや獅子の曲

むかい小山の紫竹竹
板節揃えて きりを細かに十七が
室の小口に 昼寝して
花の盛るを 夢に見て候

posted by ushigomepan at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 長唄のカラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/155856693

この記事へのトラックバック