2010年07月09日

長唄のカラオケ「外記猿」(調子=四本)

まかりいでたる それがしは
ずんと気軽な 風雅者
日がな一日小猿を背なに
しょいからげてな
姿如法や なん投げ頭巾

夜さの泊まりは どこが泊まりぞ
那波か名越か
室が泊まりぞ 室が泊まりぞ


泊まりを急ぐ後より
小猿まわせや猿回し
おおい おおい
と、招かれて 立ち返りたる半町余り
玄関構えし門の内
女中子供衆とりどりに
所望 しょもう
の言葉の下 猿の小舞を始めけり

(合方)

やんら目出度やな 目出度やな
君が齢は長生殿の
不老門の御前を見れば
黄金の花が 咲きや乱るる
咲きや乱るる

旦那のお前でお辞儀をせ
ころりとせえ
ころりやころりや やっころりと
子持ち寝姿お目にかきゃ
さっても粋な品物め

これは浪花にその名も高き 瓦橋とや油屋の
一人娘にお染とて 幼きより手習いを

内の子養いの久松と 共に学びの怠らぬ
仲を余所目の仇口に

さあ浮き名の立つは 絵草紙へ

(上記は現行の改正歌詞。改正前の通称油づくしも載せておきます)

これは浪花に浮名も高き 瓦橋とや油屋の
一人娘にお染とて 年も二八の恋盛り

内の子養いの久松と 忍びしのびに寝油を
親たち夢にも白搾り

さあ浮き名の立つは 絵草紙へ

松の葉越しの月見れば
暫し曇りてまた冴ゆる
月は片割れ宵の程
船の中には何とおよるぞ
苫を敷寝の舵枕
ひんだの踊りは一おどり

皐月五月雨 苗代水に
裾や袂を濡らして
しょんぼりしょんぼりと
植えい植えい早乙女

(合方)

げに面白や 踊るが手元
辰巳午や春の小馬が
鼻を揃えてまいりたり
鼻を揃えてまいりたり

(合方)

猿に烏帽子を着せまいらせて
猿に烏帽子を着せまいらせて
勇む神馬の手綱執らしょう
手綱執らしょう
のんほのいよえ

(合方)

posted by ushigomepan at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 長唄のカラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/155856245

この記事へのトラックバック